FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビやゲーム機、スマートフォンなどの見すぎで子どもの視力低下が
指摘されているが、視力が1.0に満たない子どもの割合が、これまでの調査で
最も高くなっていることが、文部科学省が2016年12月22日に発表した
「平成28年(2016年)度学校保健統計調査」(速報値)でわかった。

この調査は、文部科学省が全国の5~17歳までの約340万人の子どもを対象に行なった。

文部科学省の発表資料によると、視力が1.0未満の子どもの割合は、
小学生が31.5%、中学生が54.6%、高校生が66.0%と、いずれも調査を始めた
1979年以来最も高くなった。
幼稚園児は27.9%で、過去最多だった2008年の28.9%に次いで2番目だった。

これを30年前の親の世代と比べると、幼稚園児が約8ポイント、小学生が約12ポイント、
中学生が約17ポイント、高校生が約13ポイント高くなっている。

616.jpg

テレビやゲーム機、スマートフォンなどは、なかなか切り離しにくくもありますが、
適度の休憩は必要です。
使用後は目の健康体操、ソニマック、自宅トレーニング等でケアしたいものです。



学校保健統計調査はここから

=============================

ただ今、視力回復見込みチェック好評実施中!
詳しくはご希望のセンターまでお電話にてご連絡下さい。


近視・遠視・乱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ。








関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。