FC2ブログ
新聞の記事より見つけたものです

米インターネット検索大手グーグルは16日、糖尿病患者の血糖値を測定するためのコンタクトレンズの試作品を開発していると発表しました。

小型チップやアンテナを搭載するこの「スマートコンタクト10+ 件」は、涙に含まれるブドウ糖を毎秒測定することが可能。これによって、患者が指先を刺して行う血液検査の必要がなくなるかもしれないと。

同社は「米食品医薬品局(FDA)と現在協議中だが、この技術を実用化に結び付けるにはまだいくつもやるべきことがある」と公式ブログでコメントした。

将来、もっと凄いコンタクトができることでしょう。(森)

近視・遠視・弱視でお悩みの方、
東京視力回復センターの資料請求はこちらからどうぞ