FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロサンゼルスのある病院の研究チームがアルツハイマー病の早期発見につながる新しい検査方法を発見したそうです。

例えば、魚類に含まれる脂肪酸やビタミンE・C、Βカロテンなどはアルツハイマー病の発症を抑える効果がある問言われています。

これらをほとんど摂らない人は日常的に摂取している人の5倍以上発症リスクがあるそうです。

アルツハイマー病の根本的な治療法はなく、解放に向かうケースは極めて稀です。

アルツハイマー病患者の脳内には「ベータアミノロイド」と呼ばれるタンパク質が蓄積されていることがわかっています。

研究チームは網膜内のベータアミノロイドの量が脳内の蓄積されている量に比例することを突き止め、網膜の検査を通じてベータアミノロイドの蓄積量を調べる方法を開発しました。

この研究の他にも民間企業では網膜より水晶体の方が精度面で優れていることを突き止めており、CTスキャンの10分の1以下のコストでアルツハイマー病の検査が行えるようになるとのことです。(
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。