東京視力回復センター 池袋

ようこそ!東京視力回復センター池袋へ。 近視・遠視・乱視・弱視・眼精疲労・視力低下のことなら!

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 未分類
  2. [ edit ]

心因性

心因性視力障害は、目の心身症(眼心身症)の一種であり、眼科的になんの疾患もないのに、視力が低下してしまう、子供の目の症状であり、検査をしても、近視や遠視といった屈折異常が見あたらず、網膜や視神経をしらべても、異常がない場合。こういったときは、心因性視力障害をうたがいます。


 心因性視力障害の場合、たとえ屈折異常があっても、メガネなどによる矯正が、あまりできなくなります。
原因としては、なんらかの精神的なストレスが、目に症状としてあらわれたと考えられます。
 

 70~80%の児童は、3ヶ月程度で治るといわれていますが、なかには、1年たっても治らないケースもあります。この場合は、精神科の助けを借りることになる場合があります。

 
 7歳から12歳の子どもに最も多くみられ、女子では8~11歳に、男子では8~12歳に発症のピークがあります。男女差があり、女子は男子の3~4倍多くみられます。視力は悪いにもかかわらず、眼球自体には異常は発見されません。また、視神経や網膜の電気生理学的な検査をしても、異常はみつかりません。このような子どもをよく調べてみますと、学校や家庭で心の悩みを抱えていることがあります。このストレスが、視力障害の原因と考えられています。


肉親の死

・両親の離婚

・兄弟げんか

・兄弟の比較

・勉強の強制

・メガネへの憧れ

・塾やクラブ活動の負担

・転校・

・友人とのけんか

・いじめ

・担任教師との不和  など

体の不調は心の赤信号でもあります。子供の様子がおかしいときは、家庭や学校、友人関係に悩みを抱えていることが多いので、けして頭ごなしに叱らず、環境やしつけ、親の態度なども見直してみることが大切です
スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ブクロオ

Author:ブクロオ
池袋センターブログです。
豊島区・練馬区・板橋区・足立区・文京区・北区・その他の地域にお住まいの皆さん、是非一度ご来所ください。

おすすめ商品

目の疲れや眼精疲労の緩和・仮性近視の治療に効果的。ごくごく初期の近視なら、これだけで回復するケースもあります。気になる方は画像をクリック!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。