FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
視力矯正法として、今では多くの人が愛用しているコンタクトレンズ

ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズなど様々なものがありますが、コンタクトレンズはいつ頃発明されたのでしょうか


コンタクトレンズの原理を発見したのはみなさんご存知の、画家であり発明家でもあるレオナルド・ダ・ヴィンチです


レオナルド・ダ・ヴィンチは1508年に大きな半球状のガラスの器に水を入れ、その水の中に顔をつける実験をしましたこれはコンタクトレンズを作るための実験ではありませんでしたが、この実験がコンタクトレンズの起源となったのです


その後1637年に出版されたフランスの古い書物に、デカルトという人物が水を入れた筒の両端にカーブしたガラスを取り付けたものを目にかぶせて、近視や遠視の強さを調べたと記載されており、デカルトがコンタクトレンズの創始者といわれています

レオナルド・ダ・ヴィンチの実験から約380年後の1887年頃には、オーゲン・フィック(A.Eugen Fick)というスイスの眼科医師が、最初ウサギの目で実験をし、ウサギがそれほど苦痛なくレンズをつけることができたことを確認し、次にガラス製の人間用のコンタクトレンズを作り、自分の目にはめる実験を行いました。この実験結果を「Eine kontactbrille」という題で発表し、この題名の「kontactbrille」から「コンタクトレンズ」という名前が生まれたのです

1930年代以降になるとプラスチック素材のコンタクトレンズ、いわゆるハードコンタクトレンズが次々と開発され、市販されるようになっていったのです


HOYA20HARD20EX.jpg
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。