東京視力回復センター 池袋

ようこそ!東京視力回復センター池袋へ。 近視・遠視・乱視・弱視・眼精疲労・視力低下のことなら!

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 未分類
  2. [ edit ]

老眼

 老視(いわゆる老眼)は、加齢により水晶体が固くなり柔軟性が失われておこる現象です水晶体の柔軟性がなくなると、近くを見ようとするときのピント合わせの力が弱くなり、近くを見ることが困難になります年齢とともにピント合わせの力が弱くなっていき、個人差がありますが、30代後半~40代半ばから感じ始め、50代~60代頃まで進行するといわれています


 「近視の人は老眼になりにくい」といわれたりもしますが、それは間違い
 もともとの近視の度により、老視になっても近視用のメガネをはずせば近くを見るのに不自由を感じず、気づいていないだけで「老視になっていない」ということではありません

 老視の症状としては、「近くが見えづらい」ほかに、「細かい字が見づらい」「目が疲れる(首筋や肩がこる)」「暗い所で字が読みにくい」「手元で作業をしていて、遠くに視線を移すと一瞬ぼけて見える」などがあります。このような症状が現れてきたら、老視用のメガネ(老眼鏡)を使用することをおすすめします
 
  老眼鏡は凸レンズでできていて、原理は遠視の眼鏡と同じです調節力の減退に応じて、必要となる凸レンズの度数も強くする必要があります(若い人ほど度数が弱くて済む)。 ただし老眼鏡使用時は遠くが見えづらくなるので、近くのものを見る際に限定的に使用されます
 
 以前から近視・遠視・乱視などで眼鏡を用いていた人にも、当然、老視は現れますこの場合は、遠くを見るための度数に適切な凸レンズの度数を加えたものを、近くを見るために用いる。元が近視で凹レンズを用いていた場合は、その分、凹レンズの度数を弱める。弱い近視では、遠方視用に凹レンズ、近方視用に凸レンズが用いられる場合もあるようです
 
 遠近両用眼鏡は、遠くと近くで眼鏡をかけはずししたり交換したりする不便さを解消した眼鏡ですレンズ全体は遠方視に度数を合わせ、レンズの下側の一部に近方視用度数のレンズを組み込んだタイプが多い。かつては境目がハッキリしており、境目の部分でものが重なって見えるなどの欠点が目立っていたが、近年は、レンズの下へ行くに従って度数が徐々に変化する多重累進焦点タイプが一般的であります
 ただ、一つの眼鏡で遠近が見えるため便利ですが、慣れるまでは視野が揺れて感じたり、階段を踏みはずしやすかったり、目が疲れやすく感じたりする場合があるようです。また、視野が狭くなる欠点もあります



       13.gif






↓よろしければクリックしてください。

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ブクロオ

Author:ブクロオ
池袋センターブログです。
豊島区・練馬区・板橋区・足立区・文京区・北区・その他の地域にお住まいの皆さん、是非一度ご来所ください。

おすすめ商品

目の疲れや眼精疲労の緩和・仮性近視の治療に効果的。ごくごく初期の近視なら、これだけで回復するケースもあります。気になる方は画像をクリック!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。