FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この春からメガネやコンタクトレンズを考えている方によく読んでいただきたいと思います。
jyousiki-5B15D.gif

よく「メガネをかけると視力が悪くなる」という話を聞きます。しかし、それは完全に正しい訳でも、完全に間違っているわけでもありません。メガネ(コンタクトレンズも同様です)は「使い方を誤ると視力低下を引き起こす」のです。

まずメガネ・コンタクトレンズの大原則は「見えないときに使用する」ものです。見えるときには使わないことが大切です。近くは見えるのにメガネをかけっぱなしにしてしまうとOUT!です。

更に、遠くが見えるメガネで近くを見ると、目にかかる疲労・負担が大きくなりますので、これも視力低下の要因になります。裸眼で手元が見えるならば、メガネは遠くが見えない時だけかけるようにする。裸眼では手元も良く見えない人は、手元が見える程度の弱いメガネをかけるようにする。これが目にとっては一番負担がかかりません。
148_02.gif

よく「メガネはかけないほうが目にはいいんですよね!?」ということも聞かれますが、一概にそう、とも言えません。視力が0.1もなくて、本当に遠くが見えない人がメガネを使わないもの、かえって目にとっては良くないことになるからです。
特に目を細めて見ている方。目を細めることは視力低下につながりやすいので、メガネをかけたほうが良いと思いますよ。

遠視の方は、見える見えないに関係なく、近くはメガネをかけたほうが良いです。無理に裸眼で見ていると逆に眼精疲労やひどいと斜視を引き起こし恐れもでてきます。軽い遠視は遠くはメガネなくても問題有りませんが、強い遠視やかなりお小さいお子さんはメガネをかけたほうが良いでしょう。
特に小さいお子さんはメガネをかけておかないと、メガネをかけても視力が出ない「弱視」となる恐れがありますので、注意が必要です。

正しくメガネを使って、快適な生活を送りましょう。



↓よろしければクリックしてください。

FC2Blog Ranking


にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。